第1回和やか家企業健康官フォーラムは京都で開催された–人民網健康衛生チャンネル–人民網-soojin

第1回和睦家企業の健康官フォーラム、北京で開催され、人民網健康チャンネル–人民網じゅういち月24日、北京で開催の第1期の和睦家病院和睦家企業の健康官論壇、活動に招待した医療、企業や保険業界などの数名のシニア専門家は、検討して企業の従業員に職業健康リスク防御、およびどのように利用保険、コミュニティ医療サービスを提供し、従業員の健康を保障する。図のため:北京の和やかな家の病院の建国の外来の外来の医者はホワイトカラーの1番の職業病を紹介します――脊椎の問題は長くて動かなくて、頭を下げて携帯の脊椎の問題になって1番の職業病になって、椅子の上で座って仕事を始めて、ほぼ1日中に座って、退勤時まで何回も起きていません。夜になって家に着いて、また3時間も連続してテレビを見たり、携帯をしたりします。このようなシーンは、多くの職場のオフィス族にとって、毎日の真実を描いています。しかし、ますます多くの若者が仕事などの原因で長くなっているため、背骨の病気も早くも早く「探し」をしている。長すぎて動かない後、多くの人は腰や首などの部位の痛さを感じたことがあります。これは長期的な長さに足を組んで足を組んでいるなど不適切な姿勢で、背骨の健康を大いに傷つけさせて、ひいては頚椎間の関節の慢性的なものを引き起こす可能性があります。脊椎の曲がったことを防止するために、北京の友好家病院建国外来の診察の医者は、事務族が同じ姿勢で長く動かないことを提案して、常に体の角度を変えて、1段の時間に座って、必ず立ち上がって散歩しなければならない。ヨガのような酸素運動が多く、脊椎や筋肉が硬直していることを避けることができます。「プライベートカスタマイズ」の健康診断+全科医療の良い循環は、本格的な健康診断のために、通常の健康診断だけでは十分ではありません。北京の和やかな健康診断によると、実際に有効な健康診断は、実際には「ビッグディスク」を必要としています。さらに全課の医師が健康診断の結果を組み合わせて、個性的な「プライベートカスタマイズ」式の専属治療を行う必要があります。」戴岩紹介、今、和睦家に発売した「スーパーCare」(究極の愛)の理念を提唱は年度、健康診断と全科医療を結び付けて、形成検診、コンサルティング宣教、ワクチン予防と健康管理共同作用の良性循環モード、健康診断の目的を実現して本当。「スーパーマーケット」診療モードは、患者を助けるだけでなく、患者の家族の病歴、過去の病歴によって、患者に対する対応を提示することを指す。医師による検診結果を参照し、海外検診ガイドを総合的に判断して病患者リスクを招き、患者と医師から治療に参加し、生活方式に長期的に、患者さんに提供する「プライベートカスタム」式の健康を保障する。図では、イベント現場では、企業+医療+保険の三位一体が従業員に最善の保障を提供するために、治療案が本格的に役割を発揮するために、従業員の病気治療のために保障を提供するために、まだ完全な保険が必要とされている。中国の医療支出は、現在の中国の医療支出は個人の割合が高く、商業支払者の欠如などの問題に直面しているという。第一に、現在の従業員医療は主に個人と政府の計画(医療保険)によって支払いますが、医療保険の保障の程度が不足して、個人の支払いの割合は高いです。第2、医療保険は魚を主体として、予防しなければなりません、医療保険の支払いは主に病気を治すために、予防と健康管理をカバーしません。」ビジネス保険については、和睦家保険ネットワーク管理ディレクター司伟塔さんは、1945年アメリカ商業医療保険シーザーモードを創立して、それは一種の保険、病院、医師の三位一体閉鎖モード。「シーザーモード「医療モード典範」、それは医療保険と医療サービスの統一、重視する「予防を主とすると結合』は、疾病予防コントロール、健康管理と低下医療コスト面では明らかな優位性を実現した、医療、保険、客戸の三方ウィンウィン。」自慢話をする。2015年7月、和やかな家庭の医療は自分の専属保険製品―和やかな医療保険を出して、1種の新しい“医+保”の健康管理モードを作成しました。温家宝は、和やかな医療保険は企業の従業員の医療の支払の問題を解決しないことに力を尽くして、更に従業員のために1セットの完全な健康的な介入と解決案を提供して、引き続き従業員の健康なレベルを高めて、“保険者、保険会社と医療機関の共の利益と一致して、本当に保険者の健康に関心を持っています」。人間本位の医療サービスコミュニティ伸びない動悸、呼吸していない、血圧はゼロで、心臓急死、危険な一幕が今年ご月ご日午後の同方株式有限会社、1位の清華同方の総技師が突然倒れて、牛蹄の魚。肝心なところでは、仲むつまじい総合外来外来で治療を受けていた元師医師が、初めて救急設備を持ち、現場に駆けつけ、貴重な「黄金四分間」で、プロの救助技術でこの命を死神から奪還する。実はこのような事、ただ北京和睦家医療サービスコミュニティと家庭の伸びの縮図。北京の和睦家衛星クリニックと家庭医療医療総監秦新艳紹介、つれてお客様の出現を新しい需要を、今、北京和睦家病院は北京に設立されきゅう、く家衛星クリニック、コミュニティの提供は、循証医学ベースの卓越した予防保健と連続医治療サービスは、システム内の実現分級診療と遅い病管理。報道官は、コミュニティ、家庭医療の優位性は一目瞭然であり、患者にとって便利であるだけではなく、診療所と入院間のタイムリーな回転受診メカニズムは、「病院-コミュニティ-家庭」を一体化した和やかな家庭管理を実現しており、「ゆりかごから」という連続医療保健サービスを実現した」。この文は人民網において掲載されたビジネス情報であり、文章の内容は本網の観点を代表しないで、参考にしてください。)(责编:盛月、权娟)

首届和睦家企业健康官论坛在京召开–人民网健康卫生频道–人民网 11月24日,北京和睦家医院召开首届和睦家企业健康官论坛,活动邀请了医疗、企业及保险行业等多位资深专家,探讨企业员工职业健康风险防控,及如何利用保险、社区医疗服务,为员工健康提供个性化保障。 图为:北京和睦家医院建国门诊所医生任钢介绍白领头号职业病――脊椎问题 久坐不动、低头玩手机 脊椎问题成头号职业病 早上进入办公室就坐在椅子上开始工作,一坐几乎一整天,直到下班时也没起身几回。晚上到了家,又是一连两三个小时地看电视、玩手机,这样的场景对于很多职场办公族来说,堪称是每天的真实写照。然而,随着越来越多的年轻人因为工作等原因久坐不动,脊柱疾病也越来越早的“找”上了他们。 久坐不动后,很多人都有过腰部、颈部等部位酸疼的感觉,这是因为长期久坐加上跷二郎腿等不正确坐姿,让脊柱健康大大受损,甚至可能造成颈椎间关节慢性退变,导致腰椎间盘突出症、腰椎管狭窄症等病症发生。 为了防止脊椎弯曲,北京和睦家医院建国门诊所医生任钢建议办公族不要以同一个姿势久坐不动,要时常变换身体的角度,每坐一段时间,一定要站起来走走。多做一些如瑜珈类的有氧运动,也可以避免脊椎、肌肉僵化。 “私人定制”体检+全科医疗 良性循环提供“极致关爱” 真正预防治疗职业病,只靠常规体检是不足够的,北京和睦家医院全科医生戴岩表示,真正行之有效的体检,其实需要“看人下菜碟”,更需要全科医生结合体检结果,进行个性化“私人定制”式专属治疗,“只看病不做体检是短见的,只做体检不去预防是没意义的。” 戴岩介绍,如今,和睦家推出“Super Care”(极致关爱)的理念,倡导将年度体检和全科医疗相结合,形成疾病筛查、咨询宣教、疫苗预防和健康管理共同作用的良性循环模式,让体检的目的得以真正实现。 “Super Care”诊疗模式,是指不但帮助患者提供查体服务,同时根据患者的家族病史、既往病史,提示患者进行针对性的相应筛查。医生会根据筛查结果,参照国外疾病筛查指南,综合判断患者患疾风险,并邀请患者和医生共同参与治疗,从生活方式上给患者提供长期的、“私人定制”式的健康保障。 图为:活动现场进行专题讨论 企业+医疗+保险 三位一体为员工提供最佳保障 要想治疗方案真正发挥作用,为员工疾病治疗提供保障,还需要完善的保险做后盾。招商信诺人寿健康险副总裁周?烨称,目前中国医疗支出面临着个人比例高、缺乏商业支付方等问题。“第一,目前的职工医疗主要由个人和政府计划(医保)支付,但医保保障程度不足,个人支付比例高;第二,医保以医病为主体,而非预防,医保支付主要为了治病,而不覆盖预防和康复 健康管理;第三,缺乏商业保险作为补充,共担风险。” 在商业保险方面,和睦家保险网络管理总监司伟塔女士表示,1945年美国商业医疗保险建立了凯撒模式,它是一种保险、医院、医生三位一体的封闭模式。“凯撒模式被称为‘医疗模式典范’,它将医疗保险与医疗服务相统一,注重‘预防为主、防治结合’,在疾病预防控制、健康管理和降低医疗成本方面具有明显的优势,实现了医疗、保险、客户的三方共赢。”司伟塔说道。 2015年7月,和睦家医疗推出了自己的专属保险产品――和睦医疗保险,打造了一种全新的“医+保”健康管理模式。司伟塔说,和睦医疗保险致力于不单单解决企业员工的医疗支付的问题,更为员工提供一套完整的健康干预和解决方案,持续提高员工的健康水平,“力求将被保险人、保险公司和医疗机构的共同利益一致,真正关注被保险人的健康”。 以人为本 医疗服务向社区延伸 没有心跳、没有呼吸、血压为零,突发心脏猝死,这危险的一幕发生在今年5月5日下午的同方股份有限公司,一位清华同方的总工程师突然晕倒,危在旦夕。在紧要关头,正在和睦家五道口综合门诊部出诊的董蓓医生第一时间携带急救设备,赶到现场进行救治,在宝贵的“黄金四分钟”里,凭借专业的抢救技术将这条生命从死神手中夺回。 其实这样的事情,只是北京和睦家医疗服务向社区与家庭延伸的一个缩影。北京和睦家卫星诊所与家庭医疗医疗总监秦新艳介绍,随着不断涌现的客户新需求,如今,北京和睦家医院已在北京设立9家卫星诊所,为社区提供以循证医学为基础的卓越的预防保健和连续医疗服务,在体系内实现分级诊疗和慢病管理。 秦新艳表示,社区、家庭医疗的优势一目了然,不仅对患者来说便捷舒适,同时诊所与住院之间的及时双向转诊机制保证了分级诊疗的可行性,实现从“医院-社区-家庭”一体化的和睦家全程管理,及“从摇篮到摇椅”的连续医疗保健服务,“真正做到自己安心、家人省心、企业放心”。 (注:此文属于人民网登载的商业信息,文章内容不代表本网观点,仅供参考。) (责编:盛月、权娟)相关的主题文章: