深さ-克洛普つもりでプレミアリーグの侠客したくない退出演芸圈ですか?-海思k3v2

深さ-克洛普つもりでプレミアリーグの侠客したくない退出演芸圈ですか?克洛普とリヴァプールこがたくない混ぜ返す者新浪体育のニュースに走るのはあなたより多くて、走る君より速く、抢得君より凶――を司るリヴァプールの最初の完全なシーズンでは、ユルゲン-克洛普前にご輪プレミアリーグの試合の中で隊を率いるじゅう分をして、相前後して切爾西をアーセナルと。米橋から3点を持っていくと、ドイツの教教は両手でお祝いをしていた。高速での戦いでは、リヴァプールの最初の5回目の試合出場時間が最も多かった11枚の葉があった後、チェルシーが3勝を獲得したが、リヴァプールの狂った強さと急速な移動に巻き込まれた。紅軍の圧迫はほぼ非情で、前半は完全に彼らを圧倒する。ごリヴァプールラウンド後のゴール数マンチェスターとアーセナルに次ぐ、レース強度を考え、これは優れた成績。事実上の葉が赴任してから、赤軍はアジアで66ボールになっていた。今では、中にある列の中にある列の列の列において、地位を引っ張った後に位置することができて、葉の葉を引いて葉を引いて少し前に頼って、葉が馬の内に両側に位置して、センターは弦の葉の葉の葉の葉の異なっている選択があります。その三位中央の選手すべてご場プレミアリーグの先発、これも体現したチームを比較的に安定的な中央の配置。斯图里奇フィルミノに引っ張り合間のこのような配置を持って恐怖の速度と機動力、克洛普もそのために設定したセットプレー。インデックスの後に、彼のフィールドは、すべての選手が最も多くの選手が最も多くの選手をリードしています。葉を引くことは禁止区域と両翼へのパトロールを通じているが、本当の殺害は両翼の馬の内にあります。アーセナルに進出の第二球维纳尔杜姆からの突然の前に挿し、馬内とクラインで右サイドの衝撃にもとても狼狽ガ。クロス転位は同様に、大殺招、フィルミノ対陣レスター城の1球から斯图里奇巧みな動きだ。克洛普「このランニング非常に素晴らしい、みんなで見た。フィルミノも同様の動きが引っ張って、それでもし斯图里奇逃げず、それはないというシュートの機会で、これは私たちのサッカー。」リヴァプールの位置は高くなっています(左攻撃)典型的なセンター選手はいませんが、リヴァプールのこのような機動的な攻勢には、相手を防ぐことができません。リヴァプールのフォワード選手が戻ってきたときに、先頭に立った選手の前に挿入された反走りが最高の同期性に達した時に、チームの回転攻撃が最適な効果に達することができます。このような積極的な積極的な圧迫とブランドのプレーは自然に高い強さを必要として、これもちょうどリヴァプールを助けて再び見つけたのです。「リヴァプールこだま報」は、「魚の卵を持っていた」という意味で、その場には狂犬のようなものを苦しめ、それぞれのボールを追いかけていく。」神のようなフォワードはかけがえのないものだが、リヴァプールではブランドの下でまたその強さとエネルギーを持っていた。新しい応援が見つかりましたが、何年も経っている感じがして、リヴァプールでは長い間、長い間に繰り返し建設の悩みを受けていて、エリートレベルの費用を使って、欠けている選手たちに署名しました。克洛普ちょうどキャッチャーチームにいる時、リヴァプール一年また一年「大补」以降の陣は少し頭が痛い。が、大半のシーズンのデバッグ、かす叔も次第にこねまぜる1セットは戦闘力の陣。普段、洛夫伦、ラフィルミノとクラインなど一度もとされ引援から表現のを感じ、例えばラは、普段は克洛普手下再それが圧迫機械の中の重要なコンポーネント――サウサンプトンの時期に、彼は波切蒂诺の高圧システムではこの役を引き受ける。克洛普で就任前とチームトップの会話をする中で、彼はすでに言及フィルミノの位置の問題で、当時はブラジル人は指摘し、最適な位置に。馬内では今年の夏、リヴァプールでは特別な大規模なブランドが行われていません。二つの重さは、それぞれ馬内や名物であり、チームの中では非常に重要な役割を果たしています。馬内は最新シーズンで最も優れたリヴァプール選手の一人で、2つのゴールと1回に貢献しています。彼のフィールドは3回で7番目に並んでいたが、フィールドは2番目に反則されていた。ブランドはすでに2回も送られてきたが、脅威ボールにも貢献している。無料で署名されたソースは、安定した防御線の組み合わせである。しかし、その上では、最初の最初の最初のチームの主要な交代では、最初のチームの主要キャスト陣に入っています。今年はどのくらい行けますか。シャープが左ガードの位置に適応能力を見せた5輪10分はもちろんいい結果であるが、リヴァプールが「金持ち」であることを完全に証明するのは難しい。しかし、リーグ戦のような長い争いの中で重要なのは、安定した後の防御線を持つことである。現時点では、実際には、実際には、実際には、実際には、実際には、実際には、実際には、実際には、実際には、この位置には、左のバックグラウンドがあります。こだわりがあるが、実際には万能性があるが、左ガードはやはりリヴァプール陣の中で一番安心な輪になってしまう。そして、カードが復活した後に、彼とミニ・インは誰が固定の主力になることができたのです。だが、総じて、リヴァプールの主力の枠組みは基本的に完成を建て、欧戦も衝撃プレミアリーグの良い成績の良い。リヴァプールはリヴァプールではそんな豪華な選手の配置はないようですが、団結と全体の戦闘力は彼らが最も頼りになる武器の一つです。今のリヴァプールはその場にいても場の下にも鮮やかな個性があり、チームは全体のように効率よく運転している。もちろん克洛普との関係を調教、普段は「克洛普非常に情熱的で、試合の日はいつもとても活発で、これは彼の特質。トレーニング場で彼はとても愛があって、笑顔で冗談を言ってくれました。」欧州戦の圧力がない場合には、弟子たちがこのような高強さを一シーズンに続けていくことを期待する理由があります。50 – 1でチェルシーの試合を破ったことをお祝いした後に、自慢の情熱で選手たちにお祝いをして、世界の波に進出してきました。試合後は彼の話題に興味がありませんし、チームの目標はできるだけ多く試合を獲得しようとしています。現在の動きから見ると、リヴァプールは人々の目には「金持ち」という言葉が見られているように見えてきているようだが、それをしたいと思っている役は、決して皮肉なものではない。(華迪维亜)

深度-克洛普不想只当英超侠客 他们能走多远? 克洛普和利物浦不想只当搅局者   新浪体育讯  跑得比你多,跑得比你快,抢得比你凶——执掌利物浦的第一个完整赛季,尤尔根-克洛普在前5轮英超比赛里率队拿下10分,先后击败阿森纳和切尔西。从斯坦福桥带走三分之后,德国教头高举双手庆祝,熊抱队员们的场景令人印象深刻。   高速中前场的狂轰滥炸 利物浦前5场比赛出场时间最多的11人阵   孔蒂履新之后,切尔西取得英超三连胜,但蓝军在斯坦福桥却被利物浦疯狂的强度和快速移动所席卷。红军的压迫是近乎无情的,上半场他们取得完全压倒性的优势。5轮过后利物浦的进球数仅次于曼城和阿森纳,考虑到赛程强度,这是一个杰出的成绩。事实上自从克洛普上任之后,红军在英超攻入66球,只有曼城的67球稍稍压过他们。如今在中前场的排兵布阵上,亨德森担纲拖后位置,维纳尔杜姆和拉拉纳稍稍靠前,库蒂尼奥和马内位居两侧,中锋则有菲尔米诺和斯图里奇的不同选择。其中三位中路球员5场英超全部首发,这也体现出球队找到了较为稳定的中路配置。 斯图里奇给菲尔米诺扯出空当   这样的配置拥有很恐怖的速度和机动能力,克洛普也为此设定了一套打法。亨德森拖后负责调度,目前他场均77.6次传球为英超所有球员最多。拉拉纳通过向禁区和两翼的游弋吸引防守者,但真正的杀招是两翼的马内和库蒂尼奥(包括中场的维纳尔杜姆)利用对方后卫过高的防守位置,寻求快速前插威胁球门。面对阿森纳打入的第二球就来自维纳尔杜姆的突然前插,马内和克莱因在右路的冲击也让枪手非常狼狈。交叉换位同样是一大杀招,菲尔米诺对阵莱斯特城的第一球就来自斯图里奇巧妙的扯动。克洛普说道:“这个跑动非常美妙,大家都看到了。菲尔米诺也能做同样的扯动,而如果斯图里奇不跑,那就没有这样的射门机会,这就是我们的足球。” 利物浦的位置压得很高(向左进攻)   虽然没有典型的中锋球员,但利物浦的这种机动性十足的攻势无疑让对方很难防范。当利物浦的前锋球员回撤+中场球员前插的反跑达到最高同步性的时候,球队的穿插进攻可以达到最佳效果。这种积极主动的压迫和抢攻打法自然是需要很高强度的,这也正是克洛普帮利物浦重新找到的。《利物浦回声报》就表示:“苏亚雷斯的离队带走了一种强度,因为他在场上会像疯狗一样折磨防守者,去追逐每一个球,而这是能够传染全队的。”虽然苏神这样的前锋难以替代,但利物浦在克洛普手下又拥有了那种强度和能量,渣叔的“重金属足球”让红军在场上显得电力十足。   新援找到感觉 拉拉纳表现不错   过去几年,利物浦在引援方面一直受到重复建设的困扰,他们用精英级别的花费签下了一大堆欠缺磨合的球员。克洛普刚刚接手球队时,就对利物浦一年又一年“大补”之后的阵容感到有些头疼。不过随着大半个赛季的调试,渣叔也逐渐捏合出了一套很有战斗力的阵容。洛夫伦、拉拉纳、菲尔米诺和克莱因等一度被认为表现平平的引援开始找到感觉,比如说拉拉纳就在克洛普手下重新成为了那个压迫机器中的重要组件——在南安普顿时期,他在波切蒂诺的高压体系中承担的就是这种角色。而在克洛普上任前和球队高层的交谈中,他已经谈到了菲尔米诺的位置问题,当时他就指出巴西人并没有在最合适的位置上。 马内非常活跃   今年夏天利物浦并没有进行特别大规模的引援,两笔重购分别是马内和维纳尔杜姆,而他们在队中都发挥了非常重要的作用。马内是新赛季表现最好的利物浦球员之一,目前贡献了2个进球和1次助攻。他场均3次过人并列英超第7,场均被犯规2.5次同样排在英超第7。维纳尔杜姆已经送出2次助攻,在传威胁球方面也贡献不少。免费签下的马蒂普则稳稳占据主力位置,与洛夫伦组成稳定的防线组合。除了还在养伤的门将卡里乌斯和作为后备人选的老门将曼宁格,红军今年夏天的大部分新援都已经迅速进入球队的主要轮换阵容当中。   今年会走多远? 米尔纳在左后卫位置上展现了适应能力   前5轮10分当然是一个很不错的结果,输给伯恩利一场球也很难完全证明利物浦就是“劫富济贫”,红军面对实力相对较弱的对手时的表现仍然有待观察。不过在联赛这样漫长的争夺中,很重要的一点是拥有稳固的后防线。目前克莱因、马蒂普和洛夫伦的位置稳固,但缺乏正牌左后卫的人选,这个位置一直由米尔纳担纲。尽管英格兰人素来有多面手的属性,但左后卫还是难免成为利物浦阵容中最不令人放心的一环。而卡里乌斯在复出之后,他和米尼奥莱谁能成为固定主力,则是克洛普要考虑的另一个问题。不过总的来说,利物浦的主力框架已经基本搭建完成,没有欧战也会是冲击英超更好成绩的一个利好。 利物浦踢得很有激情   从阵容上来看利物浦似乎没有那么豪华的球员配置,但团结和整体战斗力却是他们最可以倚仗的武器之一。如今的利物浦无论是在场上还是场下都有鲜明的个性,全队像一个整体一样高效运转。这当然与克洛普的调教有关,拉拉纳就说道:“克洛普很有激情,在比赛日总是非常活跃,这就是他的特质。在训练场上他很有爱,面带笑容并跟我们开玩笑。”在没有欧战压力的情况下,克洛普有理由期待弟子们能把这样的高强度持续一整个赛季。 与亨德森庆祝   在2-1击败切尔西的比赛之后,克洛普用惯有的激情庆祝向球员们表示祝贺,然后使劲儿拍了拍打入世界波的亨德森。赛后他对争冠的话题并不感兴趣,并表示球队的目标是试图尽可能多地赢得比赛。从目前的走势来看,利物浦似乎成为了人们眼中英超“劫富济贫”的搅局者;但克洛普想要扮演的角色,绝不仅仅是搅局者而已。   (华迪维亚)相关的主题文章: