運命は「無冠の帝王」?ポールはトイレに泣いた…-aapt.exe

運命は「無免許の王」ですか?ポールはトイレに泣いた…ポールは、時間8月28日には、北京時間8月28日に時間8月28日、妊娠中のスポーツのコラムの作家は、彼の職業の見通しについて大胆な予測を行った。彼はポール距離が最も偉大な名前の名前がますます遠くなると思っている」。シーズンの通常の試合では、最終的には、最終的には、ジョン・ポール・ポール・ポールが74試合に出場し、フィールドでは10万円を獲得し、シュート率が46 %に達した。満31歳になって、左ひざの半月も傷を負っているベテランにとっては、なかなか容易ではない。彼のフィールドはすべて連盟が3番目に並んでいて、3位は3位で、効率値は5位になります。誰かが誰かを傷つけている場合には、ポールも自分の能力を使って、自分の試合の最初の試合のホーム優位を助けてくれた。ポールは依然として連盟の中で最もトップの1陣の選手です。そしてポールフィールド上の表現から見ると、彼はまだ衰退の兆しを見せていない。純粋なコントロールの角度から見て、彼は依然として“支配の神”である」。しかし残念なことに、2016年にはポールとマネージャーがけがをしたことによって、雨が止まった。ポールは今まで1つの総優勝という肩書きに近いものではなく、この角度でコメントしていたのであれば、彼は連盟の中にも縁のない総優勝指輪の選手と同じように、歴史上最高のコントロールの一つとは思われていないのではないでしょうか。このようなばつの悪い成果はかつて会ったことがありますが、彼女はその守備の場合、彼はフィールド上にボールを持っていて、その場にはシングルスが多すぎると批判されています。しかしポールはポールの試合を見ることができて、あなたはすべてポールがするのが足りないと思っていません。2012年には、雷に負けていたが、当時のところはまだ準備ができていなかった。2013年には、王さんに負けてしまった。ポールは非常に優れていて、チームメイトの杭州は内線で完全に抑えられて、明らかに大きな責任を負うべきである。2014年、戦、雷、ポール場は22 . 5分、11 . 8度の援護攻撃、しかし彼らはやはり負けたシリーズ。2015年の時、早舟に直面するロケットをいちさんよりリードし、そのシリーズの中でポール場は21分、じゅう援護攻撃、1 . 6カット、ポール参加のご試合に勝ったロケットじゅうく分早舟。しかし最終的には、ロケットに頼っていたスミスの不思議な表現によって、4対3が成功してしまった。2016年のコンクールでは、ポールと杭州が同じ試合でけがをしていて、その場でも徹底的にチャンスを失ってしまった。どのシリーズの試合ではありません、ポールは全力を尽くしていません。しかし、彼は「長いものの床を触ったことがありません。」。一連の試合の過程はどうだとしても、結果はいずれも東が一連の試合に負けて、ポールは試合の中で歩くより遠い機会を失った。これらのシリーズでは、ポールの表現できないかもしれないとレブロン-ジェームズの表現に匹敵するが、これは絶対ポール個人の最高水準。早舟もどこに問題があって、ポールも一力で引き受けて、得点、援護攻撃者の能力は、ポール・クリッパーズでやること。カール- TUNは1つの輝かしい職業生活を持っていて、しかし最終的に彼はやはり1つのチャンピオンを獲得できないで、結局最後に帝国に行って団結して、最後はやはり失意のために帰る。その時代でバックリィジョーダンは1名のフィールド上の統制力が非常に優れた選手に選ばれ、彼はじゅういち回オールスター、じゅういち度入選NBAベストメンバーが、引退後、現在の人々の評価、それ以上に彼のコメンテーターの身分ではなく、彼はNBAの生涯。斯托克顿はリーグ史上最高のコン衛の一つであり、彼は生涯の貢献のカットや援護攻撃数の記録はまだ人や、しかし人々が斯托克顿時といえば、多くの時には彼は置いて魔術師ジョンソン、ジェイソン-キッドと後ろ伊赛亚-トーマス。あくまで優勝した。同じ運命が来るかもしれない、ポールには、来年のプレーオフ期間、ポールは満32歳。は膝の傷があって、しかし私達を打ち出すことは疑いようがないポールはできトップ水準。しかし、時間が過ぎてしまうと、いつまでも跡が残っていて、その中のコアが永遠に維持されるわけではない。新しいシーズンが終わった後、ポールは自由な選手になります。彼のチームメイトのどなたかというと、誰もが自由な選手になります。さて、ポールは「無免許の王」という肩書きを出し続けていくのか、それともガリレオのようにスーパーチームに加盟しているのか。会加盟騎士とジェームズと提携加盟ニクソンやアンソニーと提携牡牛に加盟して、呉さんは手を組んでいますか?やはり四大天王寺を持った勇士は総優勝を争う。今の勇士と騎士はそれぞれに物部を支配していて、すでに80年代にケルト人と国籍が対立している状況で、他の同じ時代のスターは影の下でしか生きられません。ポールにとって、勇士と騎士以外のチームに加盟すれば、優勝も大変なことだ。それは、ポールにこんな一種類の踊り場が可能の出来事。彼の唯一の選択は32歳で、全力を尽くして最高の表現を打って疑われます。おそらく彼は少し機会で優勝、それも時代のしようがなさ。

命中注定是“无冕之王”?保罗听完哭晕在厕所… 保罗在2015-16季后赛中手指受伤,赛季报销凤凰体育讯 北京时间8月28日,CBS体育专栏作家Matt Moore撰文对快船后卫克里斯-保罗的职业前景进行了大胆预测,他认为保罗距离最伟大控卫的名号越来越远,似乎注定要成为“无冕之王”。上赛季常规赛,快船当家控卫克里斯-保罗出战74场比赛,场均得到19.5分10助攻,投篮命中率达到46%。对于一个年满31岁,左膝半月板还带伤的老将来说,这已经非常不容易了。他的场均助攻数排联盟第四,抢断排第三,效率值排第五,助攻率排第一。哪怕在格里芬受伤的情况下,保罗也用自己的能力帮助快船保住了自己季后赛首轮比赛的主场优势。可以说,保罗依然是联盟中最顶级的一批球员。而且从保罗场上的表现看来,他还远没有展现出衰退的迹象。从纯粹控卫的角度来看,他依然是“控卫之神”。但是遗憾的是,2016年由于保罗和格里芬的受伤,快船止步季后赛首轮。保罗至今为止甚至都没有接近过一个总冠军头衔,以这个角度来评论的话,他是否和联盟中众多无缘总冠军戒指的球员一样,无法被人们认为是历史上最好的控卫之一呢?这样的尴尬安东尼也曾经碰到过,但是对于安东尼来说,他经常被批评,比如他的防守,他在场上拿球太多,他在场上单打太多。但保罗似乎无可指摘,看看保罗的比赛,你都不会认为保罗做的不够出色。在2012年,快船输给了马刺,当时的快船还没有做好准备。在2013年,快船输给了灰熊,保罗非常出色,队友格里芬在内线被快船完全压制,明显应该承担更大的责任。在2014年,战雷霆,保罗场均22.5分,11.8次助攻,但是他们还是输掉了系列赛。在2015年的时候,快船在面对火箭的时候以3比1领先,在那个系列赛中保罗场均21分,10助攻,1.6抢断,在保罗参加的5场比赛中,快船赢了火箭19分。但是最终,火箭依靠约什-史密斯的神奇表现,4比3翻盘成功淘汰了快船。2016年的季后赛中,保罗和格里芬在同一场比赛中受伤,快船也彻底丧失了机会。不是哪轮系列赛,保罗没有不拼尽全力的,但他从未“摸到过西决的地板”。无论每轮系列赛的过程如何,但结果都是快船输掉了系列赛,保罗失去了在季后赛中走的更远的机会。在这些系列赛中,保罗的表现也许不能和勒布朗-詹姆斯的表现媲美,但是这绝对是保罗个人的最高水准。不管快船什么地方出现问题,保罗都能一力承担,得分,助攻,领袖能力,这都是保罗在快船要做的事情。卡尔-马龙有着一个辉煌的职业生涯,但是最终他还是无法获得一个总冠军,哪怕最后去湖人抱团,最后还是失意而归。巴克利在乔丹那个时代是一名在场上的统治力非常出色的球员,他11次入选全明星,11次入选NBA最佳阵容,但是在退役之后,现在人们对他的评价更多的是他评论员的身份,而不是他NBA的生涯。斯托克顿是联盟历史上最好的控卫之一,他生涯贡献的抢断和助攻数纪录暂时还无人可及,但是当人们说起斯托克顿的时候,很多时候会将他放在魔术师约翰逊,贾森-基德和伊赛亚-托马斯后面。说到底,还是总冠军。也许同样的命运会降临在保罗身上,在明年季后赛期间,保罗就将年满32岁。虽然膝盖有伤,但是我们毫不怀疑保罗依然能够打出顶级的水准。但时间过处,总会留下痕迹,而且快船的核心也不可能永远保持。在新赛季结束之后,保罗就将成为自由球员,他的队友格里芬和雷迪克也会成为自由球员。那么,保罗是继续顶着“无冕之王”的头衔走下去,还是像加里-佩顿那样加盟一支超级球队?会加盟骑士和詹姆斯联手?加盟尼克斯和安东尼联手?加盟公牛和韦德联手?还是去已经拥有四大天王的勇士争夺总冠军。如今勇士和骑士分别统治东西部,已经颇有80年代凯尔特人和湖人分庭抗礼的局面,其他同时代的球星只能活在阴影下。对于保罗来说,如果加盟除了勇士和骑士之外的一支球队,夺冠也是非常困难的一件事情。而现在看来,保罗进入这样的一种尴尬境地是很有可能发生的事情。而他唯一的选择就是在32岁的,拼尽全力打出最好的表现击碎质疑。也许他有一丝机会夺冠,而这也许也是时代的无奈。相关的主题文章: