精巧な医療時代:どう実現する抗生物質の個体化に薬ですか?-健康-running man 20130908

正確な医療の時代:どのように抗生物質の個体が薬に化しますか?-党の健康的なソース、ブランド、解放軍の306病院、特殊医学科、院感科のブランド品質管理事務所は抗生物質が人類の健康と社会の発展の功について編集することはできないが、同時に、抗生物質の乱用と細菌の薬は全世界が直面する厳しい問題である。科学的な正確な薬の薬を追求して、抗生物質を引き止めて“サービス”の先の決して条件と剤の菌の“暴れ”に対応する道。抗生物質の合理的な薬薬は患者を減らす正確医療コストが必要として、環境保護の必要も、人間の健康の持続可能な発展の需要。正確な薬は、適切な方法、適切な量、適切な時間に適切な薬を使用して、不必要な薬を減らして、その薬のタブー、不良反応、相互作用などに注意して、安全、合理的、有効、経済的な薬の目的を達成することに注意します。そのため、抗生物質は「正確な薬」だけで、抗生物質の使用によって使用されている「人によっては」、「労働力」を実現することができます」。薬剤師は臨床の抗生物質を提供することを実験して、特に治療効果が満足していない時、薬の選択に対して指導的な意味があります。一般薬敏報告を使えば紙切れ拡散法はS(敏感)、I(仲介)とR(耐薬)の報告によると、基本的に提供して选薬臨床情報が、臨床様々な具体的な状況を選択して使用したい仲介度抗生物質はさらにマイクを提供し、確かな根拠。応用の群体の薬物動態模型調整抗生剤。抗菌薬分濃度依存型と時間依存型。濃度依存型の薬物の殺菌薬や薬剤濃度活性と量に比例する。この種類の薬物の作用の効果は総量と関係して、薬の案に重点を与えて血の薬の濃度を高めます。時間依存型薬の殺菌活性は、抗菌薬と細菌との接触の持続時間に比例しており、薬物の抗菌効果は、薬物の組織における濃度が最小の菌濃度以上の持続時間で維持されることによって異なります。それらの効果的な指標は、血液型と組織中の濃度が最小の菌濃度を上回る持続時間であることにある。オリジナルの抗生物質については、オリジナルの抗生物質を使用するために使用されています。公開記事の公式によって血液薬の濃度を直接的に提示することによって効果は効果的である。この方法は大きく軽減患者の苦痛を節約採血、大量の人力、物資、臨床治療を貴重な時間を治療して、治療効果を高める。別の薬と一緒に組み合わせて使用するときには、彼らの相互作用に注意するべきであり、つまり私たちがよく言うようにしています。一部の薬でから一緒に、協同やが加わるの役割は、推薦の。それによっては、逆に、それを避けるべきだ。抗菌薬を分類すると、「(1)繁殖期殺菌薬」(2)静止期殺菌薬、(3)抗菌薬、(4)は菌薬の効果があります。その中で(1)と(2)は、(1)と(3)と、(1)と、(4)、(4)とは関係なく、(2)と(3)を合わせて協力し、(2)と(4)とは関係なく、(3)と(4)と関係なく作用する。薬の時と組み合わせて、これらをすべて考慮に入れ、避け牛頭と口を引き起こすよう、拮抗作用させ、薬効が下がって、甚だしきに至ってはひどい副作用の強化。

精准医疗时代:如何实现抗生素的个体化给药?-搜狐健康   徐冰心,冉素萍,解放军306医院,特种医学科,院感科   品牌质量管理办公室编辑   抗生素对于人类的健康和社会的发展功不可没,但同时,抗生素滥用和细菌耐药是全世界面临的严重问题。力求科学精准用药,是挽留抗生素继续“服务”的先决条件和应对耐药菌“肆虐”的出路。   抗生素的合理用药、精准用药不仅是患者减少医疗成本的需要,也是环保的需要,更是人类健康可持续发展的需要。精准用药,指的是针对病情选择合适的药物,同时以适当的方法,适当的剂量,适当的时间准确用药,减少不必要的用药,并随时注意该药物的禁忌、不良反应、相互作用等,以达到安全、合理、有效、经济的用药目的。因此,抗生素只有“精准用药”,才能实现抗生素使用的“因人而异”、“量体裁衣”。   药敏试验给临床提供抗生素使用依据,尤其是疗效不满意时,对药物选择有指导意义。一般药敏报告如果使用纸片扩散法以S(敏感)、I(中介)和R(耐药)报告,可给临床提供基本选药信息,但对临床因各种具体情况希望选用中介度抗生素,应进一步做MIC以提供确切依据。   应用群体药代动力学模型调整抗生素剂。抗菌药物分浓度依赖型和时间依赖型。浓度依赖型药物的杀菌活性与其药物浓度或给药剂量成正比。这类药物的作用效果与总剂量有关,给药方案重点在提高血药浓度。时间依赖型药物的杀菌活性与抗菌药物同细菌接触的持续时间成正比,即药物的抗菌疗效取决于药物在组织中浓度维持在最小抑菌浓度以上的持续时间。它们的药效指标在于血浆和组织中浓度高于最小抑菌浓度的持续时间。对于万古霉素、庆大霉素等常用的经典抗生素,有用的PK PD(药代动力学 药效学)模型都已用于治疗剂量个体化,甚至血药浓度不必测定,直接通过公式。通过公开报道的公式直接推导血药浓度甚至药效,将更为简捷、及时、方便和有效。这种方法既极大地减轻患者的取血痛苦,节省大量的人力、物力,又为临床治疗赢得宝贵的治疗时间,提高治疗效果。   不同的药物一起搭配使用时还应注意它们的相互作用,也就是我们常说的配伍禁忌。有些药物一起用,能起到协同或相加的作用,应该推荐的。而有些反而导致拮抗,应该避免的。如果将抗菌药物进行分类,可以分为四大类,分别为:(1)繁殖期杀菌药;(2)静止期杀菌药;(3)快效抑菌药;(4)慢效抑菌药。其中,(1)和(2)具有协同作用,(1)和(3)具有拮抗作用,(1)和(4)无关或相加作用,(2)和(3)相加或协同,(2)和(4)无关或相加作用,(3)和(4)相加或无关作用。搭配用药时,需要把这些都考虑进去,避免牛头搭上马嘴,引起拮抗作用,使药效下降,甚至毒副作用增强。相关的主题文章: