医者:歯科医師体験だけではなく、「歯の治療」――人民網健康チャンネル–人民網-9c8950

医者:歯科医師体験だけではなく、「歯の治療」――人民網健康チャンネル–人民網元標題:医学体験:歯科医師だけではなく、「歯の治療」と「はらはら、殺気がみなぎっている、血だらけ」の外科医に比べ、歯科医師の印象を「上品さ、優しさ」を多く:きれいな診察室に座って、白衣姿を持ち、防護マスク、見かけ見かけに患者に口腔の治療を行う。最近では、北京市病院局に発売した「約束を守る」医学体験、新華ネットの記者に首都医科大学附属北京の口腔病院、ゼロ距離体験歯科医師の真実の仕事の情況を感じた彼らは「チャレンジ精品歯科、人間本位の匠心の精神」。手術顕微鏡は高難易本の治療に挑戦して夏のピークを治療することに挑戦して、天壇公園の近くの北京口腔病院の中で混雑しています。歯科医科は口腔病院の主な臨床課の1つで、その日には歯体科長科主任がここで受診したのは、外院から転校してきたハルピンの患者である。その場合は非常に複雑で、彼の豚肉と隣接する1粒の歯が壊れてしまった。「断針」は臨床的に珍しいことではないが、発生率は長いもの、主に根管治療が複雑すぎるという。根管の中、上段の器械、歯の体の肝臓の専門の医師はすべて取り出すことができて、しかしこのような切れて歯の先の先の切れた針の取り出しの難しさは非常に大きいです、ただ多く歯を破壊するために、普通は取り出して取り出しないで、しかし個別の患者は比較的に重い心理的な負担あるいはその他の情況があって、やっと専門家の手の上で処理することを診察します。口腔科医の可能性は実行個体化治療が最も深くて、「根管治療は歯根内(根管)の治療、最大の困難は見えない。」侯本祥と言って、伝統の根管治療過程の中で、根管内ほとんど見えない、大多数の操作は頼りに医師の手触りを判断して、だから熟练掌握根管治療規範の操作方法が非常に重要だ。が、根管治療機器や機器の更新、手術顕微鏡から応用于根管治療として導入し、国内手術顕微鏡を根管治療する病院の一つで、北京の口腔病院で手術顕微鏡を根管治療の方面に豊富な経験を積んで。侯本祥、彼は今使っている顕微鏡最大を大きくすることができさんじゅう倍、治療では、顕微鏡は髄腔や根管構造を拡大して、提供して十分な光源、医師が見える髄室底及び根管の内部構造の正確な位置決め手術に位置し、操作の詳細を把握して、それによって大きく向上した根管治療術の品質。マイクロ根管治療は、伝統的な根管治療ができない、あるいは完成しにくい例に対して治療を行うことができ、例えば、根管漏れ、根管石灰化、根管の階段形成、器械の切断針、側壁穴などの処理など、より多くの歯が保留されている。横のテーブルには様々な歯科治療器具が置かれていて、ブロック、ピンセット、車針、拡大針、根管などがあります。歯の治療の時、医者は手袋の指で小さな道具を握って、口の中で操作します。歯医者はとても忍耐が必要に、慎重に、入念な職業侯本祥顕微鏡で超音波機器では患者に対して処理し、問い合わせを中断患者、密接に観察患者の反応。朝からはち時からじゅういち時すぎ、侯本祥ずっと挑戦という高難度の根管治療。毎日、毎年、長い時間に固定された動作を保つことが、医師の頚椎、腰椎、肩関節などが大きな試練になっている。1945年に作成された北京口腔病院は、医療、教育、科学研究、予防を一体とした国家三級の口腔専門病院であり、口の分野では「大きいコーヒー」として、水が毎日自慢しているのは「難病」である」。彼はやはり首都医科大学の口腔医学院の歯の体の委員会の教研室主任、博士研究生の指導者で、教育と科学研究の任務を担って、多くの博士、修士の生を連れています。当日は、患者に治療をしながら、学生たちに操作ポイントを説明した。「顕微鏡治療は伝統的な治療とは大きく異なるが、若い医師は学習や適応によってどのように治療していくのか。」自慢話をする。調査によると、同病院に歯を担う歯髄科は北京市の口腔の専門医研修業務、歯の歯髄科で毎年開催されている顕微根管治療技術訓練班や歯の美学修復技能養成訓練班は、国内外の有名な専門家学者誘って院に講義。Wicre修復経験患者の「三观改造」歯歯髄科設置されて歯美容修復室、生活水準の向上、公衆の愛牙理念も次第に「アップグレード」。以前歯が悪く、補ってばいいから、今はますます多くの人を求めて歯美容修復(例えばフッ素歯症、テトラサイクリン歯歯、奇形、小さな歯美容修復など)。「良い天然歯も入れ歯より歯美容修復は簡単な歯を抜いて、きれいな烤瓷歯に着替えて。どのようにできるだけを保留して、天然歯歯の神経を歯の復旧が自然が美しくて、ますます難しい挑戦になる。」すでに27年経験して歯の美容修復家、北京の口腔病院で歯医者董雯歯髄科の号もますます「難掛。“天然の歯を保留して、あなたが食事をして水を飲む時、寒さに対して甘酸っぱい感じを保つことができます。」自慢話をする。その日に歯の美容の修復を行っているのは1人の男性の患者で、「私自身は馬が出る歯で、以前はタバコがひどくて、一日1パック、お茶を飲むのが好きで、歯がひどく壊れています。去年ここに来て歯を見て、歯の歯をよく治療してから、今年から歯の美容の修復を始めました。」ここでの治療の「効果」について、患者は「私の最大の収穫、人生観、世界観も変わってきて、健康な生き方を積極的に抱くようになりました」と話しています。」患者によると、彼は禁煙を始め、次はマラソンを準備していた。董雯、タバコを吸うのは歯週健康影響が大きく、喫煙者の歯肉炎、急性壊死性歯肉炎、歯週炎の発病率が高くない喫煙者よりも多い。患者のためにできるだけ天然歯医者を保留して、董この患者の歯をqinghuaciオーバーレイして、何度も「貼る」。治療の過程において、長距離がしながら、患者に説明しながら、患者の疑問に答える。最初から終わりまで、彼女は常に大きなカメラの撮影を行い、コンピュータで画像を分析しやすいようにしています。磁器の色をもっと患者に適合させるために、当日は陶磁器を作っている技術者がいた技術者でもあります。「患者の微笑みはどのように考えているのか。車の運転練習のように、陶磁器を自然と調和していくようにして、一致しているように、チーム全体の努力を必要とし、設計だけを技術者に送信するだけでなく、石膏の上で作ったものではない。」自慢話をする。上手な芸を身につけて、丁寧なコミュニケーション、慎重な診療、口腔医師の仕事は実はとても簡単ではありません。良質の医師資源が不足している今、患者にとって3ヶ月半は歯の予約を見ていて仕方がない。最近では、北京の口腔病院を開始したセルフ機書留と京医通マイクロ手紙公衆号登録サービス、予約1週間、患者を便利にしました。(刘映)    (责编:高奕楠、权娟)

医患体验:牙科医生不仅仅是“以牙治牙”–人民网健康卫生频道–人民网 原标题:医患体验:牙科医生不仅仅是“以牙治牙”    和“惊心动魄、刀光剑影、鲜血淋漓”的外科医生相比,牙科医生给人的印象要“高雅、柔和”许多:坐在洁净的诊室里,穿着白大褂、带着防护口罩,“滋滋滋滋”地给患者进行口腔治疗。近日,北京市医院管理局推出“相约守护”医患体验,新华网记者走进首都医科大学附属北京口腔医院,零距离体验牙科医生的真实工作情况,深刻感受到了他们“挑战精品齿科,以人为本的匠心精神”。    手术显微镜挑战高难度根管治疗    正值暑期高峰,位居天坛公园附近的北京口腔医院里摩肩接踵。牙体牙髓科是口腔医院的主要临床科室之一,当天来牙体牙髓科主任侯本祥这里就诊的是一位从外院转来的哈尔滨患者,情况非常复杂,他的智齿及与其相邻的一颗牙齿坏了,拔智齿后,治牙的针断在了牙根里面,而且折断的位置得特别深,患者坚持要求取出。    侯本祥表示,“断针”在临床上并不少见,发生率达0.5%-5%,主要是根管治疗过于复杂。折断在根管中、上段的器械,牙体牙髓专科医师都可以取出,但像这种断在牙根尖的断针取出难度极大,为了不过多破坏牙齿,一般不建议取出,但个别患者有较重的心理负担或其他情况,才转诊到专家手上进行处理。    口腔科医生可能是实行个体化治疗最深入的,“根管治疗是在牙根内(根管)的治疗,最大的困难是看不见。”侯本祥说,在传统的根管治疗过程中,由于根管内几乎看不见,大多数操作均依靠医生的手感进行判断,因而熟练掌握根管治疗规范的操作方法非常重要。不过随着根管治疗设备和器械的不断更新,手术显微镜开始应用于根管治疗,作为国内率先引进手术显微镜进行根管治疗的医院之一,北京口腔医院在手术显微镜进行根管治疗方面积累了丰富的经验。侯本祥说,他现在使用的显微镜最大可放大30倍,在治疗中,显微镜可以将髓腔和根管结构放大,并提供充足的光源,使医生能够看清髓室底及根管内部结构,精确定位手术位置,把握操作细节,从而大大提高了根管治疗术的质量。显微根管治疗可以对传统根管治疗无法完成或难以完成的病例进行治疗,如根管遗漏、根管钙化、根管台阶形成、器械断针、侧壁穿孔等的处理等,使更多患牙得以保留。    侯本祥旁边小桌上放着各式各样的牙科治疗器械,有探针、镊子、车针、扩大针、根管锉等,治疗牙齿时,医生要用戴着手套的手指捏着这些细小的工具,在口腔中进行操作。牙医是个非常需要耐心、谨慎、细致的职业,侯本祥在显微镜下用超声仪器对患者进行处理,间断询问患者感受,密切观察患者的反应。    从早上8点到11点多,侯本祥一直在挑战这个高难度的根管治疗。日复一日、年复一年,长时间地保持固定的动作,这对医生的颈椎、腰椎、肩关节等都是很大的考验。创建于1945年的北京口腔医院,是集医疗、教学、科研、预防为一体的国家三级甲等口腔专科医院,作为口腔领域“大咖”,侯本祥每天接诊的都是“疑难杂症”。他同时还是首都医科大学口腔医学院牙体牙髓病学教研室主任、博士研究生导师,肩负着教学和科研任务,带着多位博士、硕士生。当天,他就是一边给患者治疗,一边给学生们讲解操作要点。    “显微镜治疗和传统治疗有很大不同,年轻医生要学习和适应如何在显微镜下进行治疗。”侯本祥说。据了解,该院牙体牙髓科还担负着北京市口腔专科医师培训工作,牙体牙髓科每年举办的显微根管治疗技术培训班以及牙齿美学修复技能培训班,都会邀请国内外著名专家学者来院讲学。    微创修复经历让患者“三观重塑”    牙体牙髓科还设有牙齿美容修复室,随着生活水平的提高,公众的爱牙理念也逐渐“升级”。以前牙齿坏了,补上就行了,现在越来越多的人要求进行牙齿美容修复(如氟牙症、四环素牙、畸形牙、过小牙美容修复等)。    “再不好的天然牙也比假牙好,牙齿美容修复并不是简单的把不好的牙齿拔了,换上漂亮的烤瓷牙。如何尽可能地保留天然牙、牙神经,并把牙齿修复得自然美观,成为越来越难的挑战。”作为已有27年从业经验的牙齿美容修复专家,北京口腔医院牙体牙髓科董雯大夫的号也越来越“难挂”了。“保留天然牙,你吃饭喝水时,就能保持对冷热酸甜良好的感知。”董雯说。    当天来进行牙齿美容修复的是一位男患者,“我本身是四环素牙,以前抽烟厉害,一天一包,还爱喝浓茶咖啡,牙齿坏得厉害。去年来这儿看牙的,把病牙都治疗好后,今年开始进行牙齿美容修复。”对于在这里的治疗“效果”,患者直言“三观都重塑了”,“这是我最大的收获,人生观、世界观都发生了改变,开始积极拥抱健康生活方式。”患者透露,他已开始戒烟,接下来准备跑马拉松。    董雯说,抽烟对牙周健康影响很大,吸烟者的牙龈炎、急性坏死性牙龈炎、牙周炎的发病率都比不吸烟者高出很多。为了让患者尽可能地保留天然牙,董大夫给这位患者的牙齿做了瓷贴面,并进行多次“试贴”。在治疗过程中,董雯一边做,一边向患者进行解释,并解答患者的疑问。从开始到结束,她还经常举起大相机拍片,以便于用计算机对图片进行分析。为了让瓷贴面更适合患者,当天做瓷贴面的技师张宏颖也过来和董雯及助手王?,一起根据的患者特点进行瓷贴面的美学设计。“患者微笑的弧度是怎样的都要考虑进去,就像开车练揉库一样,要让瓷贴面更自然、协调,看上去一致,需要整个团队的努力,而不是仅仅把设计传输给技工,直接在石膏上做。”董雯说。    练就高超的技艺,耐心细致的沟通,小心谨慎的诊治,口腔医生的工作其实很不简单。在优质医生资源紧缺的当下,对于患者来说,动辄三个月半年的看牙预约着实让人无奈。近期,北京口腔医院推出了自助机挂号和京医通微信公众号挂号服务,预约时间改为一周,可以说大大方便了患者。(刘映)    (责编:高奕楠、权娟)相关的主题文章: