脳血管が破裂する前に信号があって、くれぐれも半身不随になって見ないでください!-健康-visualboyadvance

脳血管が破裂する前に信号があって、くれぐれも半身不随になって見ないでください!健康脳血管疾患が冬の高い時期に入る。癌に比べて、脳血管の事件はさらに危険であり、さらに「手の死」ともいえる」。脳卒中は高すぎる病気率、高病気率、高死亡率と高血圧率の特徴を持っており、わが国では毎年脳卒中で死亡した患者数は170万人に達し、わが国の住民の死亡の重要な原因となっている。時間は脳神経内科医の常説:“時間は脳」。脳の血流が完全に遮断分、脳細胞が死亡、リード喪失。数分待っていると、万人の神経細胞が死亡し、その傷は取り返しのつかないものである。脳出血の症状を疑ったり、家族のことを知らないと、答えが答えられない、あるいは、お箸、患者は食事用と言っていますが、「箸」と呼ばれるようになっています。2 .運動感障害:脳が右に出血することによって、左側の下肢の活動は無力で、痛み、触覚が減退し、針を刺すような地域の患者が不足しているか、左右側の感覚が違うように感じます。脳左出血の場合、右側の体に上記の症状があります。さん.精神障害:主管精神のエリアが出血、当該地域の脳細胞が破壊され、内気な人はとても興奮して、感動して、「うわ言」が、ある人は表現を非常にうつ。よんしよ.目活動異常:目は脳の窓口として、眼球可能表現できないのを上下左右に移動や、「目は閉じないで」。5 .睡眠:患者はずっと寝ていますが、起こして、起こしてからまた寝ます。6 .尿失禁:小便は制御されない、それは小便を制御する“司令官”が破壊されたからである。上述の症状は1つだけでなく、多くの症状が結合することもでき、多くの症状が1人の患者に発生した場合には、出血や虫の面積が大きく、すぐに病院に行きます。現場の救急のコツ第1歩:患者に次のアクションを完成させます:①微笑;②簡単な質問に答えて、自分の名前のように。もし患者できない上記のアクション、初歩的判断を脳卒中、記録いい発病時間。第に歩:もし患者はしっかりしていて、要注意慰め患者、その緊張緩和。落ち着いて、慌てないでください、悲しく泣いたり、患者を呼んだりしないで、患者の心理的なストレスを避けるようにしましょう。第3歩:患者は寝る人を採用して、頭の肩はやや高くて、頭の偏った側の側で、魚や嘔吐物を防止することを防止して気管を吸って息が窒息することをもたらします。もし患者の口の鼻に異物は、排出を維持して、呼吸道の流暢。第4歩:患者の襟ボタン、ネクタイ、ベルト、ブラジャーを解く。枕を置いていないか、枕を肩の後ろに置いて、あごを少し上げます。第ご歩:電話を救命救急センターに助けを求め、必要な時に電話をしないで、聞くに医師の指導について処理。第ろく歩:カーテンで光刺激を避ける。第7歩:条件がある者は酸素を吸い込むことができて、盲目的に患者に水あるいは薬を与えることを避けなければならない。第はち歩:特殊な情況の下で、自ら運搬患者なら、正しい方法は:に~さん人同時に力を入れて、1人の顔が頭や肩を避けるために、頭をあまり振動や歪んだ。もう1人の顔の患者の背中やヒップ;また、患者は保持腰や足三人で一緒に力を入れて、平が患者をハードベッドや担架で板。運搬時助けない患者を直、座り直し、壁に寄りかかって。第9歩:患者の身分証、医療保険カード、普段服用した薬を持って、簡単な生活用品を片付けて救急車を待っています。現場救急5大タブーは、これらの行為が患者の病状を強めることができます!1 .慌てて:脳血管疾患の救急基礎知識が欠けているため、緊急の状況に遭遇すると、慌てて表現されている。2 .野蛮な運搬:一部の患者の家族は「急いでいる」という時間のために、たとえ三七十二十一、患者を抱えていても病院へ走っていくのですが、このような運送方式は病気を重くすることが多いです。3 .盲目的に食べます:一部の家族は盲目的に患者に水あるいは飲み物を与えます。正しい方法は、医者が明確に診断する前に、勝手に患者に何の薬をあげないでください。4 .往復:脳卒中患者の早期処理時間は「一刻の値千金」である。救助は一刻を争う必要があり、ある家族は病院の名だけを求めて近くのいわゆる「小病院」を捨て、救助時間の遅れを招いている。ご自分で勝手に選択は禁物。輸送:ドライブやタクシーの患者輸送、遅れに治療の患者はほとんどないから救急車の方式を採用して輸送。ここでは、中華医学会では、「脳卒中健康知識クイズ」が作成された。大専門家は科学技術を書いて、最も信頼できる科学的な図書館の本のタイトルを書いています:《脳卒中健康な知識のクイズを書く”を書いています:“脳卒中健康な知識のクイズ”の株価:38元の連絡先:株式会社社長連絡電話: P

脑血管破裂前有信号,千万别等半身不遂才看!-搜狐健康      脑血管疾病进入冬季高发时节。相较于癌症,脑血管事件要来得更加凶险,甚至可以说“一招毙命”。脑卒中具有高发病率、高患病率、高死亡率和高致残率的特点,我国每年因脑卒中死亡的患者人数高达170万,是造成我国居民死亡的首要原因。   时间就是大脑   神经内科大夫常说:“时间就是大脑”。脑部血流完全阻断分钟,脑细胞就会死亡,从而导致功能丧失。每多等一分钟,就会有万个神经细胞死亡,并且这种损伤是不可挽回的。      要高度怀疑脑出血的症状   1.失语:听不懂家属的话,答非所问;或者不知道最常见的物品叫什么,例如筷子,患者一直说是吃饭用的,或者夹菜用的等,但一直叫不上来是“筷子”;说话费力。   2.运动 感觉障碍:大脑右侧出血,可导致左侧上下肢的活动无力,痛觉、触觉减退,用针扎相应区域患者感觉缺失或者左右侧感觉不一样。大脑左侧出血时,右侧身体出现上述症状。   3.精神障碍:主管精神的区域出现出血,会导致该区域脑细胞被破坏,会出现内向的人很兴奋、激动,说“胡话”,有的人则表现为非常抑郁。   4.眼睛活动异常:眼睛是大脑的窗口,眼球可能表现为不能上下左右移动,或者眼睛“闭不上”。   5.嗜睡:患者一直睡觉,但能叫醒,叫醒后又继续睡觉。   6.尿失禁:小便不受控制,这是因为控制小便的“司令”被破坏。   上述症状可以只有一个,也可以有多个症状合并在一起,当多个症状发生在一个患者身上,就表示出血或者梗死的面积较大,应立即去医院。      现场急救要诀   第1步:让患者完成以下动作:①微笑;②回答简单问题,如自己的姓名;③让其伸直手臂。若患者不能完成上述动作,可以初步判断为脑卒中,记录好发病时间。   第2步:如果患者是清醒的,要注意安慰患者,缓解其紧张情绪。宜保持镇静,切勿慌乱,不要悲哭或呼唤患者,避免造成患者的心理压力。   第3步:患者采用仰卧位,头肩部稍垫高,头偏向一侧,防止痰液或呕吐物回流吸入气管造成窒息。如果患者口鼻中有异物,应设法排出,保持呼吸道通畅。   第4步:解开患者领口纽扣、领带、裤带、胸罩,如有假牙也应取出。可不放枕头或将枕头垫在肩膀后面,使下颌略微仰起。   第5步:打电话给急救中心寻求帮助,必要时不要放下电话,询问并听从医生指导进行相关处理。   第6步:将窗帘拉上,避免强光刺激。   第7步:有条件者可吸氧,切忌盲目给患者喂水或服药。   第8步:特殊情况下,若要自行搬运患者,正确的做法是:2~3人同时用力,一人托住头部和肩部,避免头部受到过分震动或扭曲;另一人托住患者的背部和臀部;如果还有一人,则要托起患者腰部和腿,三人一起用力,平抬患者移至硬木板床或担架上。不搬运时把患者扶直,坐起,倚靠墙壁。   第9步:带上患者的身份证、医保卡及平时服用的药物,收拾简单的生活用品等候救护车。      现场急救5大忌讳 这些行为会加重患者病情!   1.惊慌失措:由于缺乏脑血管疾病的急救基础知识,一遇到紧急情况,就表现得惊慌失措,甚至茫然不知所措,反而不利于抢救。   2.野蛮搬运:有些患者家属为了“抓紧”时间,不管三七二十一,抱起或扛起患者就往医院跑,殊不知这样的运送方式往往会加重病情。   3.盲目灌食:有些家属盲目给患者喂水或饮料。正确的做法是,在没有医生明确诊断之前,切勿擅自作主给患者任何药物。   4.舍近求远:脑卒中患者早期处理时间可谓“一刻值千金”,抢救必须分秒必争,有的家属只追求医院的名气,而舍弃就近的所谓“小医院”,导致延误抢救时间。   5.自行转运:切忌擅自选择自驾车或出租车转运患者,被延误治疗的患者大部分是因为没有采用急救车的方式转运。   本文摘自中华医学会神经病学分会组织编写的《脑卒中健康知识问答》。   大专家写科普,写贴心可靠的科普   图书征订   书名:《脑卒中健康知识问答》   ISBN:978-7-117-23404-7   定价:38元   联系人:刘佳经理   联系电话:010-59787226相关的主题文章: