瓜を食べる大衆知りたいしcba阿聯着ナイキは李寧-shishangqiyi

ウリを食べて大衆はただ阿連を知っているだけで何の靴を着ているか知りたいだけです。新疆の男子バスケットボールの第1次リーグ戦では初出場ができず、総出場時間は12分しかない。調査によると、何を着てブランドの靴の出番はこの場合の要因。と、次の試合ナイキ傘下のトップスターを中国の易建聯二人が登場し、その際、バスケットボール協会かどうか例によって例の如しの自分の原則を注目に値する。じゅう月さんじゅう日の晩に、新疆の男子バスケットの大きいスコアは北京に、たくさんのファンの注目点は周琦の足に。多くの細心のファンは発見して、周琦開場時着ペアの靑い靴、開場後ずっと登場しない。第二節までは、足で足の靴がピンク色になり、ついに登場した。今日の登場時間が少ないのは装備問題のためです。」試合後、新疆のバスケットボールの主監督は初めてファンの質問を解答しました。「今日は競技場で告知されています。もし私がスポンサーの靴を履いていないと技術の反則をしました。どうして私を奪われた服を着ている自分の靴の資格は、誰かに選手の利益を守る。傷ついただれがこの責任を負う。全体の夏は試合の準備として、国の効力は私の最高の使命は、私は非常に単純な希望が私の足の大会では保護。」31日夜、周琦この試合後のミニブログを経緯を明確し。その日の夜、他の国の老舗センターでは、ソースとマイクロブログの内容に似た内容が発表された。実は、それはもう1回目の「靴戦」ではないんです」。2012年の李安とCBAから5年20億の高さ約、「靴戦」は毎年発生している。2012年11月24日、株価の第1ラウンドの後に、布や葉など12人の選手が帽子を売って処罰されたことがあって、理由はリーグのスポンサーの李安の靴を着ていないのです。その後、多くの選手が靴を交換することを選択しています。それによって、ブランドは異なるブランドの靴を着て、2万、5万、10万、20万人になります……処罰金は累計150万元に達した。過去いくつかのシーズン、「靴戦」がついに一つの折衷的な解決方法があった。いくつの大きなスポーツブランドは旗の下の一定の数量の選手の“足を払う”のために金を出すことができて、“足の足”の権利を得た選手は李安靴を着用する必要はなくて、しかしテープで靴の商標を遮る必要があります。このシーズンは、李安とCBAの最後の年であり、7月には「足の足」を回収するというニュースが伝えられていた。すべての選手は李安を着なければならない。シーズンが始まった後に、うわさが現実になって、違うブランドを着ていたのは、李さんを着なければならないと言われないようにしなければならない。実は、「靴戦」はだけが起きたのは中国の土地の上で。早く1984年、ジョーダンは初心者はシーズン中着用赤白のバスケットボールシューズ試合に出場され15000ドルの罰金。理由はこの靴はNBAに違反した「靴の中には白が必要」という規定に違反している。その時、ナイキはすべての罰金を引き受け、商業広告を使って注目を集め、「9月15日、ナイキは革命的な新しいバスケットボール靴を作った」と述べた。10月18日、NBAはこの靴を競技場に出しました。ラッキーなことに、NBAはあなたがこの靴を履いているのを止められません。」1名のマーケティング巨人がここで誕生した。今では、すでに規範化されているNBAはすでに靴を靴を履いて禁止されていない。選手たちの足は自分に属していない。に戻ってCBAの「贖い足」について、バスケットボール協会当初は選手たちの靴を履く権パッケージ販売は市場ルールの違反行為を持ち帰り、この行為は全世界の商業スポーツ连盟に所属珍しい。しかし、「誤り」はすでにされており、すでに規定になっている。みんなは契約に基づいて精神を尊重し、署名の契約は。ルールを守るということは、これを守るという簡単なことは中国社会ではとても容易ではない。契約の曲からシーズン、「靴戦」が絶えず、結局現れ折衷の「贖い足」権。外国からの援助が勝手に靴は更にこの規定は自己打脸の意味で、「外国からの援助は気軽に何を?彼らはもしかしたらに所属している選手ではありませんか?」しかし、この二つの問題は、何も答えられないということだ。今シーズン、もう最後一年賛助CBAの李寧明らかに活かしたいこの最後の四半期の回収、「贖い足」は明らかな態度を指して権。しかし、この規定は結局のことであるかどうかは疑問だが、結局、ナイキの旗の下で一番大きい中国選手、国家チームのコアが次のラウンドに登場して登場する。何かを使うのか、それとも再び葉を張っていたのか、公の事であるか、それともそれを続けているか、ファンたちは皆さんを待っているのを待っている。

吃瓜群众只想知道 阿联打CBA穿耐克还是李宁 易建联穿什么鞋子,篮协会有特例吗?   新浪体育讯  晨报全媒体讯(记者 周端璞)昨日,周琦在新疆男篮的首轮比赛中未能首发,总出场时间也只有12分钟。据了解,穿什么品牌的球鞋上场是这一情况出现的主因。不出意外,下一轮比赛耐克旗下的头号中国球星易建联就将登场,届时,篮协是否会一如既往的坚持自己的原则值得关注。   10月30日晚,新疆男篮大比分战胜北京,可许多球迷的关注点却在周琦的脚上。不少细心的球迷发现,周琦在开场时身穿一双蓝色球鞋,开场后一直没有登场。直到第二节,周琦脚上的球鞋换成了粉红色,他才终于登场。   “周琦今天上场时间比较少是因为装备问题。”赛后,新疆男篮主教练李秋平第一时间解答了球迷们的疑问。   “今天在赛场被告知,如果我不穿赞助商的鞋就要判我技术犯规,然后被禁赛。我为什么被剥夺了穿自己鞋的资格,到底谁可以来保护球员的利益?受伤了谁来负这个责任?整个一个夏天都在备战和比赛,为国效力是我的最高使命,而我只是很单纯的希望我的脚可以在比赛中得到保护。”31日晚,周琦这条赛后的微博让事情原委更加明晰。当天晚上,另一位国字号中锋王哲林发布了一条和周琦微博内容类似的内容。   其实,这已经不是CBA第一次爆发“鞋战”。自2012年李宁与CBA签下5年20亿的天价长约,“鞋战”每年都在发生。2012年11月24日,CBA第一轮比赛后,王治郅、马布里等12名球员遭到篮协处罚,原因是没有穿联赛赞助商李宁的球鞋。此后,不少球员选择换鞋,而李学林则继续穿着不同品牌球鞋,2万、5万、10万、20万……处罚金累计到150万元终于封顶。   过去几个赛季,“鞋战”终于有了一个折中的解决办法。几大运动品牌可以出钱为旗下一定数量的运动员“赎脚”,获得“赎脚”权的运动员无需穿着李宁球鞋,但需要用胶布遮挡住球鞋商标。   本赛季,是李宁和CBA合作的最后一年,早在7月份就传出了李宁将收回“赎脚”权的消息——所有球员必须穿着李宁登场。赛季开始后,传言成真,穿着不同品牌的周琦被告知必须穿着李宁否则将被吹罚技术犯规直至禁赛。   其实,“鞋战”并非只发生在中国的土地上。早在1984年,乔丹在菜鸟赛季中因为穿着红黑相间的篮球鞋上场比赛而遭到每场5000美元的罚款。理由是这双球鞋违反了NBA“球鞋中必须要有白色”的规定。当时,耐克承担了所有罚金,并用一则商业广告对引发的关注并大加利用,广告中说道:“9月15日,耐克创造了一款革命性的新篮球鞋。10月18日,NBA将这双鞋扔出了赛场。幸运的是,NBA不能阻止你穿上这双鞋。”一名营销巨人就此诞生。   如今,已经趋于规范化的NBA早已没有了穿鞋的禁令,球员们的脚属于自己而非联盟,每单球鞋广告都会为球星们带来巨额收入。   回到CBA的“赎脚”问题,篮协当初将运动员们的穿鞋权打包销售本就是违反市场规律的行为,这种打包行为在全球的商业体育联盟中都属罕见。可“错误”已经铸成,且已经成为规定。大家就应该本着契约精神,尊重已经签署的合约。   遵守规定,这件说起来简单的事儿在厚黑学盛行的中国社会却十分不易。从签约的首个赛季,便“鞋战”不断,最终只能出现折中的“赎脚”权。外援能够随意穿鞋更是让这个规定有了自我打脸的意味,“凭什么外援就可以随便穿鞋?他们难道不是隶属于CBA联盟的球员?”但这两个问题想必篮协就无法回答。   本赛季,已经是最后一年赞助CBA的李宁很明显希望利用好这最后一个季,收回“赎脚”权就是明显的态度指向。   可这一规定能否硬气到底还是一个疑问,毕竟,耐克旗下最大牌的中国球员、国家队核心易建联下一轮才会登场。   是硬气到底还是再次打脸,是公事公办还是继续和稀泥,球迷们都在等待篮协面对易建联的态度。相关的主题文章: