中国代表「福地」「授業」が打撃声が響いて陝西スタジアム-新網-www.ggg258.com

中国代表「福地」「授業」が打撃声が響いて陝西スタジアム-最新資料図中国代表監督高洪波。张一辰撮影中新社西安じゅう月ななしち日電題:国足「福地」「授業」が打撃声が響いて陝西スタジアム中新社の記者王曦「授業」の声が響く陝西スタジアムさえない時、中国代表監督とは思ってもいなかっ高洪波目の前のシーン。6日夜、国がワールドカップに進出するための自主権を台無しにしている――ゴールキーパーは、次の低レベルのミスでシリアチームを襲撃させ、中国チームのすべての努力を失った。最終的に終了して、中国チームは初の西安ホームに敗れた。「感謝今日来場応援のファンで、結果は殘念ながら、すみませんファン。」試合後、大きな過ちを犯したのは、取材を受けた時にほぼ全行程で頭を下げていた。彼からしてみると、自分のミスで全国のファンの気持ちに合わせた。このように言われているように、このようにして「必ず取りなければならない」と言われた試合では、5万人を超えるファンが球場に入った。試合前には180元札が1枚で1600元になったが、ファンの情熱は依然として抑制されず、「高指導の後半」「中国が勝つ」などの応援語が目立つ。しかし、败因きゅうじゅう分と言ったら顾超のミスは偶然、中国チームが攻めの端の組織や、伝キャッチ配合の表現を使うことができませんを精彩を欠い、効率が悪いのは人には見えない勝ちたい。後半にボールを落とした後は、ファンが先に出てきて、応援用の書やスカーフ、ラッパが散っていて、オープニング前の整然としていることと比較します。試合後、顔に表情がなく、その結果は残念だと言っていたが、中国チームはすべて勝利に満ちているにもかかわらず。この試合は私たちは非常に3点を取ることを望んでいますが、私たちは私たちの追求を実現していません。」彼は言った。「私たちは相手が反撃するのを予測して、相手が試合に入るのは早い。私たちは開始段階の成功率も高くない。」“拷問”に直面して自分の数十人の記者が、高洪波ほとんど一字一字ゆっくりと認めている:"私は率直に言って、中国のサッカーはじゅうに強い戦では弱队だが、私たちの自信を失っていない。」ハイブリッドインタビューエリアでは、ほとんどの中国選手が最初から離れて、現場の雰囲気は異常にあります。その時、岩は勇敢に立っていた。「あまりにも多くは考えていなかった。第一の反応はこの球を包囲することで、最後にこの決定をしてしまった。その時も迷っていなかった。。出かけた後で発見が間違いであることを決め、当時すべてすべてすでに遅くなりました……」ただ、この話をすると、言葉の音はほとんど聞こえない。その出撃は最初から間違っていた。この出撃ミスこそ、一連の誤りになったので、自分はこのミスに責任を持たなければならない。」「この結果は確かにがっかりしているので、みんなは受け入れられない!」隊長冯潇霆同じ顔悔しいと気落ちして、この試合は彼のために、試合前の火線復帰は、「まだ細かい点をいくつか、それを認めていたら、みんな多いいくらかあるいは思い切って呼応し、まだできていないだろう。」ここと言えば,彼はもう少しは言えない。代わりに、その期待によって期待されていたが、今回の試合は彼の気持ちに及ばない。「勝ちたい、チームは少しせっかちで、先にボールをなくしてしまった。」と彼は、チームがあまりにもショックを重視し、効果的な協力が足りないと考えている。記者の「追われていない」というのであれば、本人は直接離れたいと思っていた。「私たちは3点を持ってほしい。シリアは前よりも相手が弱いからだ。。私たちは、ホームで福地作戦、もちろんほしいボール。しかし後半の私たちは十分な暗黙の了解がなくて、1つのミスが現れて、ボールをなくします。」彼は記者に対して、あと7回の試合は、気骨を出しただけで、中国チームは奇跡を創造することが期待されています。同じ夢のあと高洪波、彼は、最後の最後まであきらめない場、中国チームは「10試合、負けた二つの試合は、後ろも機会がない、これから早く忘れてこの試合で、全身全霊で準備後ろの試合。」ただ、多くのファンが目の前にはこのチームを信じてないはずの気骨。試合が終わってから、ファンは心の怒りを抑えることができない。23時までさんじゅう分、相変わらず大勢のファンが集まって球場の週り、長い間離れたくない。(終わる)

国足“福地”再遭打击 “下课”声响彻陕西体育场-中新网 资料图 国足主教练高洪波。 张一辰 摄   中新社西安10月7日电 题:国足“福地”再遭打击 “下课”声响彻陕西体育场   中新社记者 王曦   当“下课”之声响彻陕西体育场时,或许就连国足主帅高洪波都没有想到眼前的一幕。   6日夜,在一场凄风冷雨中,国足将进军世界杯的主动权断送――守门员顾超的一次低级失误,让叙利亚队偷袭得手,也让中国队整场的努力付诸东流。最终当终场哨响,中国队首次在“福地”西安主场落败。   “感谢今天到场助威的球迷,结果很遗憾,对不起球迷。”赛后,犯下大错的顾超在接受采访时几乎全程低着头,在他看来,自己的失误搅了全国球迷的好心情。   如他所说,在这样一场被视为“必须拿下”的比赛中,超过五万名球迷涌入球场,赛前,一张180元人民币面值的球票,已经被炒到1600元之上,但球迷的热情依旧难以抑制,印有“期待高指导的下半场”“中国队要赢”等助威词的条幅分外显眼。   然而,整场90分钟,如果说顾超的失误属于偶然,那么中国队在进攻端的组织,以及传接球配合的表现只能用乏善可陈形容,低效的发挥更是让人看不到任何获胜希望。下半场丢球后,已经有球迷提前离场,助威用的条幅、围巾、喇叭也被扔得散落一地,与开场前的整齐划一形成对比。   赛后,高洪波的脸上毫无表情,他说,这个结果令人遗憾,尽管中国队上下全都对胜利充满渴望。“这场比赛我们非常渴望拿下三分,但我们没有实现我们的追求。”他说:“我们预测到对手会打反击,对方进入比赛的状态很快,我们在开始阶段的成功率上也不是很高,我们在掌控比赛上做的不好。”   面对“拷问”自己的数十名记者,高洪波几乎一字一顿地承认:“我要坦率地说,中国足球在12强赛中是弱队,但我们的信心没有丧失。”   而在混合采访区,大多数中国球员选择径直离开,现场气氛异常凝重。   此时,顾超勇敢地站了出来,“当时也没有想太多,第一反应就是解围这个球,最后做出这个决定就已经冲出去了,当时也没有犹豫。但出去之后发现这是一个错误的决定,当时一切都已经晚了……”只不过,说这话时,顾超的声音几乎没人听得到,他近乎自责地说,这个出击从一开始就是错误的,正是这个出击失误,才造成了一系列的错误,所以自己必须对这个失误负责,“今天辜负了所有人的信任。”   “对于这个结果确实比较失望,大家都不能接受!”队长冯潇霆同样一脸不甘与沮丧,为了这场比赛,他在赛前火线复出,“还是一些细节问题,那个失球,大家如果多呼应些或者果断些,还是没做好吧。”说到这里,他已经有些说不下去了。   顶替武磊首发、被寄予厚望的郜林难掩失落,本场比赛他的发挥不如人意,“太想赢了,全队都有些急躁,先丢球影响了心态,”他认为,全队过于注重拼抢,而缺少有效的配合,“因为我们太想赢了,”他说。   如果不是记者的“围追堵截”,张稀哲本想直接离开。“我们都想要拿三分,因为叙利亚比前两个对手都弱。而且我们又是在主场福地作战,当然希望能够赢球。但下半场我们不够默契,出现了一个失误,导致丢球。”他对记者说,后面七场比赛,只有打出血性,中国队才有望创造奇迹。   同样怀揣梦想的还有高洪波,他说,不到最后一场,中国队绝不轻言放弃,“十场比赛,我们输掉了两场,后面的比赛也不是没有机会,接下来要尽快忘掉这场比赛,全身心去准备后面的比赛。”   只不过,很多球迷似乎并不相信眼前这支队伍能够打出应有的血性。比赛结束一个多小时后,球迷们仍旧难以抑制内心的怒火,”下课“的喊声不绝于耳。直到23点30分,仍旧有大批球迷聚集在球场外围,久久不愿离去。(完)相关的主题文章: