歴史ある歴史は、輝かしい歴史を持っていることを尊重する価値がある。-www.baid.com

日语:オリジナルの輝かしい歴史を尊重することに価値がある。サッカー新聞の特約記者会見が1対0であった。サッカー協会の第2ラウンドの試合の中で上海の花を破り、総得点4対2で決勝戦に突入した。これは江蘇サッカーチームが3年連続で達成したという目標であり、前の2シーズンにはそれぞれ準優勝と優勝した。また、1度半決勝では、広州は3対1で同城相手の広州を破って、5対3の総得点で2年ぶりにサッカー協会の決勝戦に入りました。決勝では、二強く腕をぶつけたり、怪我をしたりしたりしたりしたりして、勝利を取った後、チームの監督は一般的に最初のチームを調整することはできません。挑戦してきた上海の花の花に対して、監督は、前回のリーグ戦のホームに天津を破った最初の最初の調整をしました―――韓国の農民・洪氏を使って、その前のサッカー協会の試合で2枚のイエローカードを食べました。花の前に言うのは、花の前に言われたように、比較的にもっと大きな交代が行われていて、次のリーグ戦のホームは重慶力帆の試合の最初の11人を引き分けして、王林、葉があります。それに値するのは、二度は江蘇チームの武将を身につけ、2015シーズンには上海の申花が加盟していたのがチームチームの先頭に現れた。試合前ななじゅう分が重苦しくて、その後双方を始めた对攻、蘇寧队長吴曦打ち込む全試合を唯一のゴールでも4万5000人のファンがともった現場の情熱。1対0で、江蘇省は決勝戦に進んで、広州の魚を一枚に切った。今季は両チームの対戦は2回、年始のスーパーカップ、蘇寧重慶では0対にかなわない恒大、リーグ第じゅうよん輪、蘇寧広州で再び同じスコア負けた。サッカー協会の2回の戦いの前に両チームはリーグ戦で待ち合わせをします。これに値するのは、中国本土の競技場では、江蘇省では、南からの葉の葉の葉が徐々に白熱しており、リーグ戦は5回、10月30日には、10月30日には、これまで6分の1から2回目のホームホームでの戦いが行われる。その試合は、2012シーズンの双方がオリンピックの対決と同様に、このシーズン中の中国の中国での優勝を決める天王寺の戦いになるかもしれない。相手田忌試合を見拆招マーロン洙募集も引き分けに進出できる場とが、蘇寧の先発メンバーを見て、主力の左の列、蘇寧監督と崔龙洙を相手に、相手の方には併殺サッカーカップ決勝の願望が強い。花の花については、このシーズンの4回目のリーダーシップと江蘇省で会ったのは、その年にスペインで教えてくれたときの「老狐」の本質を示しており、まず主力の主力となっている。その意図は明らかである――前半にボールをなくした場合は、次のような場面が膠着状態になっている場合は、徐々に主力を変えてゴールをはかる。スペイン人のこの手は、前回のサッカー協会の決勝戦の第2ラウンドを思い出しても、同じ2チームが対戦していたが、その時、江蘇省の前身である旧監督の監督を務めたのは、そのような戦術があって、最終的にも成功した。試合のプロセスはより一層の期待に合致する。前半が近づいてきたときの受動的な交代で、けがをしてけがをしたものが、後半になってから葉を変えて60分になって、左路のカウンターを交換した。申花三大中前場主力登場、蘇寧も見拆招調整を、守備のモード。今はこれまで以上の実力が強い。ゴールが来るにつれて、選手たちの気持ちももっとリラックスしている。3年連続のサッカーサッカー大会決勝の旅は、七連覇を逃したくない。観戦者が指揮者が崔龙洙復讐今季蘇寧と恒大の前の2次にわたる崔龙洙も参加して、広州での戦、もうと蘇寧契約の崔龙洙現れ天の川のスポーツセンターは、当時の韓国人はボックスを見るのではなく、スタンドに注目しているのが引き継いだがチームの表現身の回りの人と交流し、時々何。テレビのメディアによるものや、近距離の撮影でボールを見る映像を取材しようとしたが、拒否された。蘇寧と恒大本のシーズンの第3戦を観戦者になってから、崔龙洙指揮者。昨日の夜の試合後、張さんは今回の試合をまとめました。「我々の隊員は、高度な集中精神と闘志に頼って、この試合を行って、体力的には難しいですが、私たちは頑張ってきました。サッカー協会のカップで完璧な結末があることを望んでいます」と話していました。」次の2ラウンドとソースのサッカー協会の決勝と1回のリーグ戦については、「ブランドは中国では非常に強いチームで、彼らは中国で最も優秀なコーチと選手を持っていて、輝かしい歴史を持っており、尊重に値する」と述べた。もしかしたら、私たちのチームの実力は、オリジナルと比べてもう少しだったかもしれませんが、私たちが夢を持っている限り、しっかりとチャレンジして、十分にチャレンジしていく相手には、きっと違う結果があります。」彼は強調し「とても望んで恒大との試合で、ファンの奉献いい試合。」2013シーズンでは、崔龙洙率いソウル特別市FC AFC決勝に侵入、2ターンの試合中、この韓国Kリーグの強豪チームと恒はほとんど引き分けが、アウェーゴール数が少ないため最終的につけて優勝、2014シーズンは.統一チームACLグループ、崔龙洙チーム1敗引き分け、復讐にできない。中国では今、台湾競技場とサッカー協会では、2年前の彼が実現できなかった目標を達成する機会があった――。

崔龙洙:恒大有辉煌历史值得尊重 奉献精彩比赛 崔龙洙如何对付恒大   稿件来源:足球报    特约记者齐焰报道 1比0,凭借吴曦的唯一进球,苏宁在足协杯半决赛第二回合的赛事中击败了上海申花,以总比分4比2淘汰对手,闯入足协杯决赛,这是江苏足球队连续三年达成 这一目标,前两个赛季,分别拿到了亚军和冠军;另外一场半决赛,广州恒大客场3比1击败同城对手广州富力,以5比3的总比分,时隔两年再次进入足协杯决赛。   决赛又碰恒大两强再扳手腕   只要不出现伤病或者停赛,取得胜利后,球队主帅一般都不会调整首发阵容,更不要说此前取得各项赛事五连胜的苏宁。面对前来挑战的上海申花,主帅崔龙洙只是对上轮联赛主场击败天津泰达的首发做了一个调整―――用韩国老乡洪正好换下了塞恩斯伯里,后者因为在此前的足协杯的比赛中吃到两张黄牌停赛。   正如申花主帅曼萨诺赛前所言,相对苏宁,申花的首发进行了比较大的轮换,上轮联赛主场战平重庆力帆的那场比赛首发的11人,只有王林、金基熙、王赟三人继续首发,其中只有金基熙一名外援。值得一提的是,两度身披江苏队战袍,2015赛季加盟上海申花的邓卓翔出现在客队首发阵容中。   比赛前70分钟比较沉闷,随后双方才开始了对攻,苏宁队长吴曦打入全场比赛唯一进球,也点燃了现场45000名 球迷的热情。1比0,苏宁昂首挺进决赛,将和广州恒大掰一掰手腕。本赛季两队已经交手过两次,年初的超级杯,苏宁在重庆以0比2不敌恒大,联赛第14轮,苏宁在广州再次输了个同样的比分。足协杯两回合的交战之前,两队还将在联赛中碰面。   值得一提的是,在中超赛场,苏宁和恒大的争冠也逐渐白热化,联赛还有5轮,10月30日,目前比恒大少6分的苏宁将在联赛倒数第二轮主场迎战恒大,也许那场比赛将和2012赛季双方在奥体的对决一样,成为决定本赛季中超冠军的天王山之战。   对手田忌赛马龙洙见招拆招   尽管一场平局就可以晋级,但看看苏宁的首发阵容,主力全部在列,苏宁主帅崔龙洙想拿下对手,以双杀对手的方式进入足协杯决赛的意愿非常强烈。至于申花,本赛季第四次带队和苏宁碰面的曼萨诺,显示出了当年在西甲执教时的“老狐狸”本色,先雪藏了大部分主力。   曼萨诺的意图很明显―――如果上半场丢了球,就用替补和苏宁周旋到底,如果场面比较胶着,在慢慢换上主力谋求进球。西班牙人的这一招,也令人回想起上赛 季足协杯决赛第二回合,同样是这两支球队交锋,当时担任苏宁前身舜天主帅的彼得雷斯库就有过类似的战术安排,最终也获得了成功。   比赛的进程更符合曼萨诺的期待。从上半场临近结束时的那个被动换人,由莫雷诺替换下受伤的熊飞,到下半场一开始就换上马丁斯,再到60分钟,将左边路的尖刀曹赟定换上,曼萨诺玩了一把后发制人。申花三大中前场主力登场,苏宁也见招拆招,调整了防守的模式。   如今这支苏宁的实力比以往更加强大,随着进球的到来,球员们的心态也更加放松,曼萨诺的“田忌赛马”,最终也只落得无功而返的下场。连续三年足协杯决赛之旅,苏宁不想错过卫冕的好机会。   观战者变指挥者崔龙洙有望复仇   本赛季苏宁与恒大的前两次交锋,崔龙洙都没有参与其中,在广州的那一战,已经和苏宁签约的崔龙洙现身天河体育中心,当时韩国人并未在包厢看球,而是在看台上关注着即将接手的这支球队的表现,并不时和身边人交流着什么。有电视媒体试图采访崔龙洙以及近距离拍摄崔龙洙看球的画面,但被拒绝。   苏宁和恒大本赛季第三战,崔龙洙将从观战者变成指挥者。昨晚的赛后,崔龙洙在总结本场比赛时说:“我们的队员依靠高度的集中精神和斗志,拿下了这场比赛,体力上有些困难,但我们还是坚持了下来,希望能在足协杯有一个完美的结局。”   对于接下来两回合与恒大的足协杯决赛和一场联赛,崔龙洙表示:“恒大在中超是一支非常强的队伍,他们拥有中超最优秀的教练和选手,也有着辉煌的历史,值得尊重。也许我们队实力与恒大相比差点,但是只要我们有梦想,肯坚持,充分去挑战的对手的话,肯定有不一样的结果。”他还强调:“非常希望在与恒大的比赛当中,为球迷奉献一场精彩的比赛。”   2013赛季,崔龙洙曾率领首尔FC闯入亚冠决赛,两回合比赛中,这支韩国K联赛劲旅和恒大都战平,但最 终由于客场进球数少而屈居亚军,2014赛季两队又被分在亚冠统一个小组,崔龙洙的球队一负一平,没能复仇。如今在中超赛场和足协杯,崔龙洙都有机会完成两年前他未能实现的目标―――从恒大手中夺走冠军。相关的主题文章: