ドラマ『小さな別れ』から心理を見ると、親がけんかして子供が憂鬱になりやすい–人民網健康衛生チャンネル–人民網-ssdao

人気ドラマ「小さな別れ」から見た心理的な両親の喧嘩を見ている人民網健康衛生チャンネル。多くの親、さまざまのこと爪の垢ほど家百家争鳴、サンドイッチの子供は最大の被害者。広州市第一人民病院精神心理科長は、「両親がよく喧嘩したり離婚したりして、このような家庭環境の中で子供の性格が一定の変化が発生します。乱暴でイライラしていることもあります。一部の離婚家庭の子供は通常の家庭に比べて同じ年齢の子供よりも様々な心理疾患にかかりやすくなります。青少年や子供の感情障害のようなものです。。」家庭が完全で調和している時に、子供は安定して頼りになる感じを見つけることができますが、親がそれぞれの複雑な感情の葛藤や法律のトラブルに陥った時、子供に対する注意、関心が減少し、子供は安全感が欠けてしまいます。「五、六歳の子供は、大人が想像しているよりも敏感になります。親の喧嘩は彼らに影響しないわけではない。子供たちが学校に帰ってきても、仲間たちのこだわりがあるかもしれません。心理的なプライドが傷つけられ、安全感が欠けていて、コンプレックスも生じたり、憂鬱な心理を生んでしまうかもしれません」と述べた。北京テレビ放送ドラマ「小さな別れ」による親の子どもの教育方式に関する話題のように、教育方式の違いは家庭争いの最も多い原因の一つであるという。異なる文化の背景の両親は通常自分の若いころの経験を基準にして子供の行為が正しいと判断することができる。子供が親に与えられることは無条件に彼を愛することを望んでいて、親は子供に対する愛を表現している。両親は:私はあなたの心を砕く、あなたは少しも恩知らず。子供は両親に言いました。「私はあなたの願いを満たすためにずっと努力していますが、私の心は少しも分かりません。このような愛に対する理解によっては、ずれは家庭の矛盾を激化させがちだ。離婚の前後に、心理的な管理ができるのは現実の生活の中で、私たちはよく見ることができて、ある両親は双方の口論、離婚した恨みを子供に八つ当たりすることができて、さらにあるのは養育権を獲得するために、子供の前で相手の悪口を言うことができて、相手のイメージを悪口を言うことができます。「親は子供の手本、子供は認識能力に乏しい。子どもの前で相手の悪口を言う。親に対して心理的な隔たりが生じ、反抗的な心理や「変化」をする行為で親の注意を引く。夫婦の双方が維持できない家庭の完備している時、双方はなるべく子供の問題を平和的に解決する」。正しいやり方では、まず子供とコミュニケーションを重ねてみて、子供の心の考えを知ることができ、子供にも分かるようになり、両親が離婚するのは、もっと適切な選択があるから、子供たちが何をしているのではないかということである。子供は両親が離婚しては変わらないが彼の感情や態度に、子供が安全感が正面理解、両親が離婚の現実を受け入れる。シングル家庭では、集団活動に積極的に参加している清華大学の「熊事件」の製造者が、離婚した家庭の被害者の典型的な例である。そのため、離婚後、子供の心理的な健康教育を十分に考え、両親の離婚による心の傷を最小限に抑えることに注意しなければならない。いち.子供の関心を与える十分両親が離婚した後に子供は片方が扶養は新たな家庭環境、母子の両親は仕事が忙しいであろうと、まだ内心の感情の波も、無視できない子は、密接に子供の心理状況を観察し、自分の愛で温め、子供子供の安全感があり、さらにコンプレックス、猜疑心を克服する。親の愛は子供の健康成長の最大の刃物である。子供に積極的に参与し。励まし集団活動を一般的には、離婚の家庭の子供によく気持ち抑えて、内向的な性格で、卑屈さ、偏屈で、社交的、家長は奨励彼らが積極的に参加し、学校集団活動して、夫婦双方に多くの時間を费や子供、子育てに積極上の感情、消極的、悲観的な気分から解放され出。3 .子供の性教育を重視する子供は長い間両親の一方で生活することができて、別の一方の愛と模範を欠けて、精神的に満足していないで、思春期に入ると異性に対して正しい認識を持ってはいけなくて、あるいは感情の補償の心理の駆り立ての下で、盲目的に異性に求愛して、誤りを犯すことができて、これらはすべて両親が直ちに指導を与える必要があります。4 .すぐに子供の長所はすべての人が自分で努力した後に他人の肯定を得ることができることを望みます。子どもの長所を速やかに肯定することで、親が親から誠実に褒められて成長の動力を得ることができ、行動意識にもさらに自信がつく。それは有益な正面強化の役割である。(編集担当者:王亚微、权娟) 从热播剧《小别离》看心理 父母争吵孩子易抑郁–人民网健康卫生频道–人民网 原标题:从热播剧《小别离》看心理 父母争吵孩子易抑郁 父母争吵,小孩易患心理疾病 随着社会的不断发展,现在人们对于离婚的态度也在飞速转变,中国离婚率也在不断上升。很多父母因各种鸡毛蒜皮的事情在家争吵不休,夹在中间的小孩却成为了最大的受害者。 广州市第一人民医院精神心理科张璐璐副主任医师说,“父母经常吵架或离异,处在这种家庭环境中的儿童性格往往会发生一定的改变,有的变为粗暴、烦躁,有的变为内向、消极,大部分离异家庭的小孩比正常家庭的同龄儿童更容易患上各种心理疾病,如青少年或儿童情感障碍。” 家庭完整、和谐时,小孩能找到稳定、依靠的感觉,但当父母陷入各自复杂的感情纠葛、法律纠纷中时,对孩子的注意、关心减少,小孩就会缺乏安全感。“五、六岁的孩子,比大人想象中的要敏感得多,父母的争吵不可能不会影响到他们,甚至孩子们回到学校,也有可能面临同伴们童言无忌的羞辱,心理自尊会受到伤害,缺乏安全感,甚至产生自卑、抑郁的心理”,张璐璐解释。 张璐璐说,正如北京卫视热播剧《小别离》引发的有关父母对孩子教育方式的热议,教育方式的不同也是家庭争吵的最常见原因之一。不同文化背景的父母通常会以自己早年的经历为标准来判断孩子的哪些行为是正确的,哪些是错误的。孩子希望父母能给予的是无条件地爱他本人,父母表现出对孩子的爱往往是有条件地爱其行为。父母认为:我为你操碎了心,你却一点也不领情。孩子对父母说:我为了满足你的心愿一直在努力,可你却一点也不明白我的心。这种对爱的不同理解,乃至错位往往加剧了家庭矛盾。 离异前后,做好心理疏导工作 在现实生活中,我们经常会看到,有的父母会将双方争吵、离异的仇恨迁怒到孩子身上,甚至有的为了争取抚养权,会在孩子面前说对方的坏话,诋毁对方的形象。 张璐璐提醒,“父母是孩子的榜样,小孩缺乏辨识能力,在孩子面前说对方的坏话,有的会对父母产生心理上的隔膜,出现逆反心理或者是做一些‘变化’的行为来吸引父母的注意。当夫妻双方无法维持家庭的完整时,双方应尽量和平解决孩子的问题”。 正确的做法,可以先尝试多和孩子进行沟通,了解孩子的内心想法,也让孩子明白,父母离异是因为有更合适的选择,不是孩子们做错了什么。告诉孩子父母离婚并不会改变对他的情感和态度,让孩子有安全感,能够正面理解、接受父母离异的现实。 单亲家庭,鼓励孩子积极参加集体活动 清华大学“伤熊事件”的制造者刘海洋,就是一个离异家庭受害者的典型例子。因此,离异父母应注意在离婚后,充分考虑到孩子的心理健康教育,把因父母离异造成的心灵创伤减少到最低限度。 1.给予孩子充分的关心 由于父母离异后孩子将由其中一方抚养,将有一个新的家庭环境,单亲父母不论是为工作忙碌,还是内心情绪波动,都不能够忽视孩子,要密切观察孩子的心理状况,多用自己的爱去温暖孩子,让孩子有安全感,进而克服自卑、猜疑的心理。父母的爱才是孩子健康成长的最大利器。 2.鼓励孩子积极参与集体活动 一般而言,离异家庭的孩子往往心情压抑、性格内向、自卑、孤僻,不喜欢社交,家长应鼓励他们积极参加学校集体活动,夫妻双方多花时间陪伴小孩,培养小孩积极向上的情绪,从消极、悲观的情绪中解脱出来。 3.注重孩子的性教育 有的孩子会因为长期和父母一方生活,缺少了另一方的爱和榜样,精神上得不到满足,进入青春期后对异性不能有正确的认识,或是在感情补偿心理的驱使下,盲目地向异性求爱,容易犯下错误,这些都需要父母及时给与引导。 4.及时肯定孩子的优点 每个人都希望自己付出努力后能得到他人的肯定。及时肯定孩子的优点,可以让孩子从家长真诚的赞美中获得成长的动力,行为意识上也会变得更加自信,这是一种有益的正面强化作用。 (责编:王亚微、权娟)相关的主题文章: